借金が返せない 借金を返済したい 本気で悩んでいるならすぐに弁護士に無料相談

借金の返済が辛い 弁護士に相談してみませんか?

キャッシングの返済が毎月辛すぎる・・・。
本気で借金を返済したいと思っている方は、まずは弁護士に相談してみませんか?
弁護士に相談することで、自分では解決できない借金の悩みを解決するための最善策が見つかります。

 

債務整理・任意整理には色々な種類があります。

自分は弁護士に相談するほど返済金額が大きいわけじゃない、と思っていませんか?
今はそうだとしても、返済に悩んでいるのであればそれは今後どんどん膨らんでいってしまう可能性があります。

 

当サイトでは、本気で借金を返済したいと思っている方のために、債務整理・任意整理などの情報と、弁護士に相談するための簡単なステップを紹介いたします。

 

借金が返せない 弁護士に相談するべき?

 

このくらいの金額で相談してもいいの?
借金が返せなくなってからじゃ遅いんじゃないの?
借金で行き詰った・・・自己破産をすすめられるんじゃないの?
借金が返せないのに弁護士に相談するお金なんかないよ


「借金問題については弁護士に相談!」というCMや広告をよく見かけると思いますが、実際に借金問題ってどの程度の借金のことを言うんだろう?と躊躇されている方は多いと思います。
弁護士や司法書士事務所に相談するのは、借金が返せないと思ったらすぐが一番なんですが、色々な理由から相談しないままなんとか返そうと頑張っている間にずるずると他の借金が増えてしまい、総額がどんどん膨らんでいってしまいます。

 

借金が返せなくなった理由は、人それぞれ色々とあると思います。
また、返せないと感じる金額も、人それぞれに違います。
だからこそ、あなたが今抱えている借金がどの程度なのかを弁護士に相談して知る必要があります。

 

借金で行き詰ったと感じたら、弁護士や司法書士事務所に相談することで今あなたが抱えている返せない借金を返せる借金にまで減額することができます。
減額方法は色々ありますし、債務を無しにする方法も人それぞれ違います。
だからこそ、まずは弁護士などの専門家に相談してみてください。
どの弁護士事務所も、借金問題については無料相談の窓口があります。
話を聞くだけなら無料ですので、まずは借金返済の方法について相談してみてください。

 

債務整理の相談ができる弁護士事務所

当サイトでは、過払い金請求の相談に特化した弁護士事務所をご紹介しています。
初回相談が無料の弁護士事務所をピックアップしています。

 

借金が返せないのに弁護士に相談するお金なんかない!とお悩みの人へ

はっきりいって、弁護士などの専門家に相談する金額は安くはありません。
1件の会社につき10万前後のお金はかかります。

 

「借金が返せなくなって相談したいけどお金がないから相談できない」
そんなことは、弁護士事務所も司法書士事務所も重々承知です。
だからこそ、借金問題は無料相談の窓口があるんです。

 

無料相談は、メールや電話で借金が返せなくなった経緯や金額について相談することで、どのように債務を無しにするか、どんな方法で債務整理するかという方法を教えてくれる相談窓口です。
各弁護士事務所などの公式ホームページなどに、無料相談についての窓口が設置されているのでそこから相談することができます。

 

無料相談で相談した後、債務を無しにするための手続きをお願いすると、そこから費用が発生します。
このお金は、分割支払いにして貰えたり、後払いにして貰えたりとかなり融通を利かせてくれます。
すぐに払え、なんてことはありません。
無料相談で話をしているので、既に弁護士側はあなたの現状を知っているはず。
分割の金額や、返済方法についてもあなたに無理のない方法を取ってくれるはずです。
心配な方は、最初の無料相談であらかたの金額と支払い方法について相談してみるのが一番いいですね。

 

弁護士に相談したらどのように解決してくれるの?

借金が返せなくなってしまい、弁護士に相談しようと思っているけど、弁護士に相談したら具体的にどんな解決方法で解決してくれるのでしょうか?

 

借金返済の解決策は、人それぞれ違います。
しかし、共通していえるのは現在の返せない借金の金額を、返せるような金額に減額したり、または返済プランを見直すことで無理のない返済方法に変更してくれたりするということです。

 

つまり、現状よりも悪くなることはないということです。

 

借金で行き詰ってしまった場合、他から借りることもできなくなってしまいます。
そうすると、目の前の借金を返すために甘い誘いに乗ってしまい、気がついたらとんでもない借金を抱えて自己破産まで追い込まれてしまうケースもあります。

 

今、あなたがどの程度の借金を抱えているかということよりも、借金を返せないという現実を変えていく必要があるため、弁護士に相談する必要があるんです。
具体的な内容は、代表的な相談内容を見ながら解説いたします。

キャッシングで借金がが返せなくなってしまった場合
キャッシング3社で300万の借金が返せなくなってしまった。

・任意整理
・過払い請求

 

により、借金を減額または無しにすることが可能です。

消費者金融や銀行などのキャッシングで多重債務に陥ってしまい、借金が返せなくなってしまうパターンは非常に多いんです。
特に主婦のパートなどの場合は収入も少なく、家族に秘密にしている場合もありますので、そうなってしまうと誰にも頼れず返済することも難しくなってしまいます。

任意整理

弁護士が業者と直接話し合いをして、借金の減額を要求します。
書類と話し合いで利息について減額をしてもらう方法が多く、この方法で現在の借金の金額は減額されることがほとんどです。

過払い請求

特に消費者金融でのキャッシングの場合はこの方法を取ることが最近は多く、場合によっては返済の必要がなくなるケースもあります。
現在、お金を貸すときは利息制限法という法律で利息の上限が設定されています。
過去にこれを上回る利息でお金を借りていた場合、この払いすぎた利息を返して貰うことができます。

 

このように、具体的な債務整理の方法はいくつかあります。
それは、あなたが抱えている借金の金額と、どのような形式での借金かによって大きく分かれます。
そして、あなたが無理なく返済できる方法がないかどうか、弁護士が考え解決策を導き出してくれるということになります。

 

具体的な方法は、誰にでも必ずあります。
弁護士の無料相談をまずは受けてみてください。

 

債務なしに!債務整理には色々な方法があります


借金の返済で悩んでいる方の多くは、「自分で何とかしなければ」と思っています。

 

・このくらいの金額は自分で返済しなきゃ
・債務整理なんてとんでもない・恥ずかしい
・弁護士に相談するお金なんかない

 

人に知られたくない、誰かに相談するのは恥ずかしいと思っているかもしれませんが、弁護士は多くの借金問題を取り扱っていますので、その点は心配する必要はありません。
それよりも、相談することで借金返済の問題を解決できる糸口になることの方が重要なのです。

 

債務整理といっても、色々な種類があります。
債務整理=自己破産というイメージが強いと思いますが、自己破産は債務整理の中でも最終手段に当たると思ってください。

 

・任意整理
弁護士が業者と直接話し合いをして、借金の減額を要求します。
・個人再生
住宅ローン以外の借金を、家を手放すことなく整理することができる方法です。
・自己破産
すべての借金をゼロにすることができます(税金など以外)。

 

簡単ですが、債務整理は大きく分けると上記のような種類があります。
どの方法を行っても、弁護士が手続きを始めた時点で、貸金業者は借金返済の督促や取立てをすることができなくなります。
返済できずに電話やメール、または訪問などによる取立て・督促で悩んでいる人は、とにかく弁護士に相談して債務整理の方法を決めてしまえば、取立てに悩まされることはありません。

 

過払い金請求って?

払いすぎた利息を請求し、残りの借金を減額したりゼロにしたりする手続きのことです。

 

今よくテレビCMなどで耳にする「過払い金請求」は、厳密には債務整理には該当しません。
これは払いすぎた利息を返してもらう法的な手続きのことなので、債務整理とはいいませんね。

 

債務整理をすると借金は無しにできるの?


債務整理をすることで、貸金業者は貸したお金の督促をすることができなくなります。
その代わり、債務整理の種類によって期間の差はありますが、カードローンやクレジットなどでお金を借りることはできなくなります。

 

特に自己破産はすべての借金をゼロにすることができますが、すべての財産は処分されます。
また、信用情報にも載ることになりますので、仕事関係での役職についたりすることも難しくなる場合があります。

 

借金問題は解決したいけど、自己破産になるのは困る。
そういった相談も弁護士に任せるのがいいでしょう。
あなたの現在の返済の状態と財産などの金額を検討し、希望に添える方法を弁護士が見つけてくれます。

 

債務整理にはそれなりのデメリットはあります。
ただ、もしあなたが本気で借金問題を解決したいと願っているのであれば、包み隠さず弁護士に相談するのが一番の近道です。
相談しにくい、相談料が高い、と思っている方は、まずはホームページなどから問い合わせをしてみるのがいいでしょう。
その一歩が、借金問題解決の大きな一歩となるはずです。

 

借金で行き詰まった・・・債務整理のメリットデメリット 

債務整理は毎日の督促や毎月の返済に苦しむあなたを助けてくれる借金問題解決の方法。
今抱えている借金を減額したり、ゼロにしたりすることができる手段です。
債務整理をするメリットはもちろん借金が減ることですが、借りたものを返済しないで済むのでそれなりのデメリットもあります。
債務整理の方法によって、それぞれメリットデメリットは違います。

任意整理の場合

・メリット
法律を利用することなく、弁護士と債権者の話し合いにより、借金を無しに、または減額することができます。
クレジットカードや消費者金融の借金の返済についてはこの方法が最も一般的とされています。
裁判所を通さないので、資格や職業が制限されたりすることはありません。
・デメリット
ブラックリストに載りますので、5年ほどはクレジットカードを作ったりローンを組むことはできません。

個人再生の場合

・メリット
マイホームや車などの財産を残した状態で、借金を減額することができます。
任意整理に比べるとかなりの金額を減額することができます。
・デメリット
ブラックリストに載りますので、10年ほどはクレジットカードを作ったりローンを組むことはできません。
官報に掲載されます。

自己破産の場合

・メリット
全ての借金を無しにすることができる、究極の債務整理です。
・デメリット
ブラックリストに載りますので、10年ほどはクレジットカードを作ったりローンを組むことはできません。
価値のある財産は全て処分されます。
官報に掲載されます。
3ヶ月〜半年間ほどは一部の職業には就くことができません。

過払い金返還請求はブラックリストには載りません!
過払い金の請求というのは、払いすぎた利息を返還してもらう請求です。
過払い金返還請求は、債務整理にはなりません。
従って、過払い金請求を行ってもブラックリストには載りません。
しかし、請求した会社で再びお金を借りることは難しいでしょう。

クレジットカードや消費者金融での借金の返済問題は、ほとんどの場合が任意整理で解決できると思います。
この際、過払い金が発生していれば、過払い金と現在の借金を差し引きして、返済の必要がなくなるケースもあります。
また、逆にお金が戻ってくることもあります。こういった場合は、任意整理にはなりません。
クレジットカードや消費者金融のキャッシングなどで借金が返せなくなった、と相談にくる人の中には、過払い金の返還請求で借金がなくなった人もいます。
気がつかずに返済し続ける必要がなかった、ということです。
こういったことは、専門家でないとなかなかわかりません。
なので、ぜひとも一度無料相談で弁護士に相談してみてください。

 

信頼できる弁護士事務所を選びましょう

借金の返済問題を取り扱う弁護士事務所の中には、悪徳なところも存在します。

・過払い金の一部をごまかしている
・過払い金があるのに返済が必要といわれる
・返済が完了していないのに完了済みと偽る

これらを見分けるのは非常に難しいです。
なぜなら、借金を返せなくなってしまった人は、借金がなくなった、または減額された時点で気持ちが楽になり、完全に信用しきってしまうからです。

 

過払い金というのは、例えばA社の過払いが請求できる時点で、A社に対する返済はゼロになっていないといけません。
A社から過払い金が20万円だけ戻ってきたのでそれは返済に充てて・・・ということはありえないのです。

 

また、過払い金の金額そのものをごまかしてしまうケースもあります。
これについては、過払い金がいくらあるのかこちらは理解できないのでなかなか難しいケースです。

 

そして最も困るのは、返済が残っているのにそのまま放置してしまうケースです。
A社は過払い金が発生し、B社では発生しなかった場合、A社から回収した過払い金をB社の返済に充て、その後残ったB社に対する返済をどのように減額するか交渉する必要があるのですが、これを放置したまま、あたかも問題は解決したかのようにして後からB社より督促がきて気がつくというケースです。
このケースの恐ろしいのは、借金が残っているため利息が増え続けてしまうところです。
こうなってしまうと、せっかく債務整理してもまた同じことの繰り返しになってしまいます。

 

信頼できる弁護士に相談するためにはどうすればよいか?

それは、きちんと書面で前もって金額を確認しておくことです。
彼らは書面で色々な取引をきちんと証拠として残すことのプロです。
「書面で金額を出してください」といえば、必ず出してくれるはずですし、それを出し渋るのはおかしいですね。

 

弁護士に相談すると、普通は書面で過払いの金額やどのような取引をしたかを出してくれるはずです。
もし、こちらからそれを請求するまで出してこない場合は、必ず請求するようにしましょう。

 

借金返済の相談は弁護士と司法書士どちらを選ぶべき?

結論から言うと、140万以上の借金問題は弁護士しか取り扱うことができないと法律で決まっています。
140万以上の借金がある方は、弁護士事務所に相談しましょう。
逆に140万以下の方は、司法書士事務所でも弁護士事務所でもどちらでも対応が可能です。
信頼できる方、安心できる方に相談してみるのが一番いいと思います。

 

ただし、闇金などの悪徳業者からの借金問題については司法書士では難しいです。
また、弁護士事務所でも受け付けて貰えないところも多いです。
闇金やサラ金などの悪徳業者からの借金返済で苦しんでいる方は、悪徳業者の借金返済を得意としている弁護士事務所もありますので、そちらに相談してみてください。

 

借金返済のために借金をしていませんか?

今月借金を返せない・・・とりあえず利息だけでも払っておこう。
最初はそんなところから始まります。
しかし、しばらくたつとその利息さえも払えなくなり、借金返済のために借金をしなくてはならなくなってしまいます。

 

お金を借りる時に、審査がありますよね。
審査というのは、個人信用情報機関で取り扱われている個人情報を元に、お金を貸してもいいかどうかを審査しています。
短期間の間に何ヶ所も借入返済を繰り返していると、個人信用情報機関にグレーな人物として登録されてしまいます。

 

そうなってしまうと、次の借入れ先では最初の借入れ先に比べて信用情報が悪くなっています。
なので、最終的にはどこからも借金をすることができない、という事態に陥ってしまいます。

 

借金返済のために借金をするというのは、借金を返済しているように見えて、どんどん自分の首を絞めている状況であることを理解してください。
なぜなら、借金返済のための借金にも利息がついているからです。

 

借金が返せなくなる道へ進んでいってしまう第一歩が、借金返済のための借金であることは言うまでもありません。
この悪循環がスタートしてしまう前に、弁護士に相談してください。

 

借金で行き詰まる前に・・・相談してください

債務整理を考える人のほとんどが、借金が返せなくなった時
仕事を辞めなければならなくなってしまったり、借金返済のための新たな借金返済を繰り返した結果、借りることができなくなってしまったり、借金を続けていると、いつかは返せなくなってしまうときがやってきます。

 

多重債務に陥ってしまうと、自分の力で抜け出すのは非常に難しいです。
真面目な人ほど、「とにかく期日に返さなければ」と思うがあまり、他のところから借りてまで借金返済に必死になります。

 

借金で行き詰る、それはすなわち借りることができなくなる、と同等だと思ってください。

 

借金が返せなくなった、と感じる前に、借金返済のためにどこかで借金をする前に、弁護士などの専門家に相談してください。
「返済のためにどこかで借りなきゃ」と頭によぎった人は、その前に一度弁護士事務所の無料相談窓口に、メールでもいいので一度連絡を入れ、現状を客観的に把握しどうするべきかアドバイスを受けてください。

 

一度冷静に自分の状況を見直すだけでも、借金返済へ一歩近づいたと思ってください。

 

債務整理後、またお金を借りることはできる?

債務整理を行うと、ブラックリストに載ります。
ブラックリストというのは信用情報のことで、お金を貸すときには必ずそれぞれの金融機関はこの信用情報を元に貸すことができるかどうか、またその金額についてを審査していきます。

 

この信用情報に事故という扱いで掲載され、信販会社、消費者金融、銀行などのそれぞれの機関がお互いにやりとりをして情報をキャッチするようになっています。

 

債務整理をすると、任意整理の場合は5年程度、個人再生や自己破産の場合は10年程度、事故歴は掲載されます。
こればかりはどうすることもできません。
この事故歴が消えない限り、新たな借金をするのは難しいでしょう。

 

さらに自己破産の場合は、事故歴が長く、またその間に借金はできないため、過去の信用情報はほぼ無しになることになります。これをスーパーホワイトといい、今まで一度も借金をしたことがない人と同じ扱いになります。

 

消費者金融などでお金を借りる時や、大きなローンを組むときなど、今まで一度もローンを組んだことがなかったり、借金をしたことがない人は、仕事をしていて一定の収入があるにも関わらず契約ができない場合があります。
これは、信用情報がないため返済の実績がないから貸しにくいという判断がされるからといわれています。

 

そして、もうひとつスーパーホワイトの人は過去に自己破産をしたことがある、という可能性も浮上してきます。
そのため、40歳、50歳で過去の信用情報が一切掲載されていない場合はお金を借りることが難しい場合があります。

 

20代でスーパーホワイトの人と、40代でスーパーホワイトの人では、どちらが自己破産の可能性があるかというと40代の人ですよね。そういった意味も含めて、自己破産をした場合は今後お金を借りることはほぼできないと思ってもらった方がいいでしょう。

 

債務整理で借金ができなくなるのは困る?

債務整理をすると、とにかくクレジットカードやローンなどの借金をすることは当面難しくなります。
借金が返せなくなった人は、もう何年もキャッシングに頼って生活してきた人たち。
債務整理をためらう理由のひとつに、お金が借りられなくなったら困るから、という理由も少なからずあるはずです。

 

私は10年以上、クレジットカードのキャッシングに悩まされ、返済に追われる日々をすごしていました。
最終的には返済に行き詰まり、弁護士に相談して債務整理という方法を選びました。

 

しかし、私もその時躊躇しました。

 

これから先、カードが作れないっていうことはお金に困ったときはどうしたらいいんだろう?

 

この不安は、10年キャッシングにお世話になってきた私にとって、スマホを忘れたとき以上の不安でした。
今思えば、これは単なる依存だったのかもしれませんが。

 

しかし、債務整理に踏み切ったのは、もう返済に追われる日々から開放されたいと思ったからです。
その瞬間は、二度とカードなんて持ちたくないと思っていましたが、いざ債務整理となると一気に不安になりました。

 

その後、債務整理をした後の私の感想ですが、実際まったく困りませんでした。
それよりも、督促の電話、返済に支配される毎日から解放された喜びの方が大きかったです。
そして、債務整理をした後は、もう二度とキャッシングなんてしたくない、と思いました。

 

債務整理は確かに大きな買い物も現金でしなければならなくなります。
カードが作れない、つまりETCなどをつけることもできません。
スマホの機種変更さえも、分割払いはできませんので現金で一括支払いするしかありません。

 

不便だと思っていましたが、実際にその生活を送ってみると、手元のお金だけの計算さえしていればいいという安心感はとてつもないものでした。

 

債務整理は確かにデメリットもあります。
しかし、借金ができないことをメリットと捉えれば、もう二度と同じような借金を積み重ねることはありません。
借金のことで頭がいっぱいの毎日から開放されるメリットの方がはるかに大きいんです。